9月13日(日)の礼拝


説教:「主の山に備えあり」


Words今週のみ言葉(聖書朗読箇所)から

創世記22:2「神は命じられた。『あなたの息子、あなたの愛する独り子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。わたしが命じる山の一つに登り、彼を焼き尽くす献げ物としてささげなさい。』」 
 創世記12章から始まったアブラハムの物語,シリーズとして礼拝で取りあげるのは今日が最後です。今,アブラハムの年齢はおよそ110歳。12章に登場したときは75歳でしたから35年もの年月が流れています。何故神様は「息子をささげなさい」という残酷な命令をアブラハムにくだしたのか?ヒントの一つはその歳月のうちにあります。

創世記22:14「アブラハムはその場所をヤーウェ・イルエと名付けた。そこで、人々は今日でも『主の山に、備えあり』と言っている。」 今日のテーマは「主の山に備えあり」。神様が献げものを備えて下さるという意味です。「主の山」は,アブラハムが息子イサクを献げようとした山を指しますが,神様が備えられたのは彼らのためだけではなく,私達のためでもあります。なんと神様ご自身が独り子イエス様を備えて与えて下さる場所,それが主の山だったのです。

*聖書は特に断りがない限り、全て新共同訳聖書(©1987 日本聖書協会)から引用しています。

 コロナウィルス感染の危険に加えて,熱中症になってしまう夏の間,ご家庭で主日の礼拝を守れるよう再び「家庭礼拝の手引き」を配布することになりました。会堂での礼拝も開いています。ご事情やご体調と相談しながらご選択下さい。
 私たちになくてはならない絆はキリスト・イエス様のみ。そのことを喜び,感謝しましょう!
「…あなたがたが、この山でもエルサレムでもない所で、父を礼拝する時が来る。…まことの礼拝をする者たちが、霊と真理をもって父を礼拝する時が来る。今がその時である。」(ヨハネ4:21, 23から)

礼拝プログラムは,次の「礼拝プログラム」タブをクリックして下さい。このプログラムに沿って,賛美を献げ,祈り,聖書を読みましょう。宣教の部分は下記の説教を読みましょう。

*「ダウンロード」タブからは,印刷用「家庭礼拝の手引き(説教付)」ファイルをダウンロードできます。

聖 書1 旧約聖書 創世記22章1~8節
賛  美 新生 59 父の神よ 汝がまこと  
  又は 新生301 いかなる恵みぞ
個々の祈り *自由にお祈りを献げましょう
主の祈り
聖 書2 約聖書 創世記22章9~18節
宣  教 「主の山に備えあり」
献げもの 新生 658 このささげものを(B)
  又は 新生  51 かみさまありがとう         *賛美の後に,感謝の献げものとお祈りを献げましょう
賛  美 新生讃美歌 674 父 み子 聖霊の
黙  祷

このリンクをクリックすると、印刷用「家庭礼拝の手引き(プログラム、説教付き)」がダウンロードされます。

Genesis 22.01_18 for FuBC Proper 19 A 家庭礼拝の手引き

タイトルとURLをコピーしました